トップページ > 相続

生前贈与

生前贈与とは、自分が死ぬ前に所有している財産を人に与えることです。

贈与には一般に相続税よりも高額な贈与税が課されますが、推定相続人に対して生前に贈与する場合で一定の要件を満たすときには、相続税と同様の税率で生前贈与を行なうことができます。

生前贈与を受ける受贈者は、「暦年課税(通常の贈与税)」か「相続時清算課税」のどちらかの方法を選択する必要があります。相続税と同様の税額とするためには、相続時清算課税の要件を満たさなければなりません。

60歳以上の親から子に対する生前贈与が対象となるほか、祖父母から孫への生前贈与も一定の場合、相続時清算課税や非課税枠の対象となります。 学資や住宅資金確保のため、生前贈与に対する税制上の優遇措置は、近時大幅に拡大されました。生前贈与をご検討中の方、ぜひ一度ご相談ください。

Copyright(C) 相続・遺言・遺産分割・遺産相続 (富山) 深水法律事務所 All Rights Reserved.