トップページ > 相続

事業承継

経営者の相続の場合、経営権と持分を適切に次世代に承継させなければなりません。また、個人資産を相続させる場合、資産管理会社を設立し、資産管理会社の株式を相続させたほうが、資産管理や税制面で有利な場合があります。

円滑な事業承継には、相続問題のみに留まらず、定款の改正や役員の改選、新株の発行といった多岐にわたる法律問題が発生し、法律の専門家である弁護士の助力が重要です。

弁護士は、遺言や遺言執行者就任にとどまらず、会社運営全般を精査することによって、円滑な事業承継に尽力します。事業承継をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

Copyright(C) 相続・遺言・遺産分割・遺産相続 (富山) 深水法律事務所 All Rights Reserved.